水族館で働く片山の日記


内容を選ばず、高品質な仕上がりが期待できるテープ起こし。

会議の記録や講演の内容など、企業によってテープ起こしを依頼する内容は様々です。
では、テープ起こしを依頼するとき、業者はどのように選べば良いのでしょう?

まず、音声ファイルの内容が一般的なものなのか、医療系や裁判関係、学術関連など専門性の高いものなのかで、選ばなければなりません。
専門性の高いものは、その分野で実績のある業者に依頼した方が良いでしょう。

次に、料金と納期で選びます。
やたらと料金の高いところ、納期を選べないところは外しましょう。
急ぎの案件にも対応してくれるところであれば、なお良いですね。

こうした条件を備えた業者は多くありますが、なかでもテープリライトは、一般的なものはもちろん、専門性の高いものでも外国語でも、ジャンルを問わずに高品質な仕上がりを期待できるところです。

正確に、そしてクオリティの高い文章にと仕上げるだけでなく、編集リライト(オプション)まで自由自在。
特急料金で、急ぎの納期にも対応してくれます。

要望に応じた柔軟性のあるまとめ方と、創業45年、年間平均6600時間(2002~2011年・日本語テープ起こし実績)という豊富な実績は、企業として信頼できるものといって良いでしょう。

テープ起こしの依頼を検討されているなら、テープリライトをおすすめしたいと思います。